上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-03-28 [ Fri ]
アール晴れたーヒール下がりーイーチBARへつづーくミッチー
ニーBAR車ーがーゴーとゴーとーこーうして乗せてー逝く(違





・・・・SVをドナドナしました。
PA0_0028.jpg
バイクに対する興味が薄れただ所有しているだけとなっていたところに
SVが欲しいという人が現れたので譲りました。


乗る人間を選ばないトルクフルな特性と見せかけて
実はテクニックを要するSVのポテンシャルに
自分では対応し切れていませんでした・・・

もう歳も歳なので前傾もつらいですし^^;


まあしばらくはKSR一筋でやっていこうかと思っています。
スポンサーサイト
2014-02-02 [ Sun ]
PA0_0023.jpg
とあるさわやか青年からSVが見たい!と熱烈アピールを頂いたので
早速会うことにw

天気が良くなかったのでサンバーディアスで来たのですが
折角来てもらったので試乗してもらいました^^

ということで自分はサンバーに試乗w
サンバー、ミッションなのにタコメーター付いてないんですね^^;

MT歴8年程度ですが軽のMT車は初めて乗りましたw
クラッチが驚くほど軽いw

てかレビンが重すぎなんですかね?w


乗車姿勢も違うので最初かなりギクシャクしてエンストしそうになりましたが
慣れるとそれなりには走れましたねw

まあぶん回してコーナーを攻めるクルマではないですw



てかSVとサンバーの排気量を比べると
約10ccしか違わないんですよねww

そりゃSV速いですよw


あとはサスペンションとタイヤさえ何とかすれば・・・
2014-01-26 [ Sun ]
PT360473.jpg
お久~


寒さ&乗る気力のなさで
前回動かしたのが10月という放置プレイ

今日は珍しく暖かかったので
朝からパチンコに行ってからw
久々に乗ってみました。

3ヶ月完全放置だったからバッテリー上がってるかと心配したけど
全然余裕の始動w

流石FIは違いますなw

で、発進!



・・・・いやぁ滑ったw

交差点で左折して横断歩道の白線踏んだ瞬間、
めちゃリアタイヤが流れた^^;

ホント信用できないタイヤだ・・・


久々に乗ると加速の良さに感動するけど
どうにもしっくりこないポジション・・・

前傾なのもあるけど
バイクとの一体感がなんか感じられない。

乗り始めから薄々感じていたことではあるが
SVと相性悪いかもしれない^^;


バイクに乗る楽しさが面倒臭さに変わりつつある・・・
2013-10-10 [ Thu ]
今日はオイル交換DAY!
レビンに続きSVもオイル交換。

SVは迷うことなく赤男爵のオイルリザーブw
SVも今回オイルフィルター交換。

料金は
オイルフィルター¥940
オイル交換工賃¥1240


作業は20分程度で完了。

オイル交換後、久々に山にちょいと走りに行きましたが
やはり滑るリアタイヤ^^;

バイクの特性・荷重の掛け方もあるが
タイヤももう少しソフトタイヤの方が安心感があるかな・・・

まあ乗り方をハングオンスタイルから
リーンインスタイルにすると滑りにくくて安全ではありますが
個人的にはRFの時みたいにハングオンでゴリゴリ走りたいので微妙ですね。。。


しかしバイクは体勢が辛いなぁ・・・
ヘルメットが重いせいか首も痛いし。
長距離は無理だわ^^;;
2013-06-05 [ Wed ]
さて、無事に帰ってきたので画像と共に軽くレポします。

まずRFOCミーティング in 磐梯
PT360365.jpg
今回は6台(7台?)のRFが集合
同じ車種なのに1台として同じバイクがないのがRFOCの不思議w

自分が前に乗っていたガンメタRFな人はいませんでしたね。
案外レアな色なんでしょうかね・・・


RFOCの雰囲気は・・・
人見知りでないのに全く会話できない自分なのでどうだったというべくもなく
まあ参加することに意義があるオリンピック精神でw(笑い事じゃない^^;)

走りは皆さん流石ですw
久々にスポーツライディングした自分ではSVを乗りこなせず
リア滑らしまくりで付いて行くのすらやっとでしたw


ミーティングが17時半に終了後、赤VC900氏と共にツーリング続行。
道の駅ばんだいから山形県鶴岡市のホテルまで約230km走行、
23時頃からくも到着^^;


2日目は秋田県男鹿半島を回って岩手県盛岡まで。

途中、第13工房さんから教えてもらった
山形と秋田の県境にある鳥海ブルーラインを走行。
PT360376.jpg
PT360377.jpg
鳥海山展望台より

PT360373.jpg

展望台付近は残雪多し
PT360375.jpg


その後時折休憩しながら男鹿半島まで。

まず男鹿半島の根元にある寒風山へ。
PT360380.jpg
PT360385.jpg
PT360386.jpg
男鹿半島、反対側の八郎潟など360度見渡せました。

で、男鹿半島を走行。
時間がなかったので急ぎで通過w
PT360392.jpg
入道崎灯台
PT360390.jpg
北緯40度モニュメント
PT360388.jpg
カポーの黄昏w
PT360395.jpg
溶岩石
PT360394.jpg
ゴジラw

男鹿半島にはもっと綺麗な景色がいっぱいあったんですが
時間があまりにもなさ過ぎたので停車せずに通過して盛岡まで。

距離が不明だったので必死で走って向かったら
2日目のホテルのチェックイン予約時間の20時にちゃっかり到着していましたw


3日目は予定を特に組んでいなかったので
ホテルで即興で計画。

ワインディングを堪能したかったので栗駒山を経由して
仙台に戻ることに。

ナビに頼って走ったら
自分が想定したワインディングルートじゃない道を選択しやがって
残念な結果にorz

さらに川原毛地獄を見たかったのに
まだ県道が冬季閉鎖中?看板で通り抜け出来ないと書いてあったので
泣く泣く南下することにorz

ネットでは5月中旬に冬季閉鎖解除ってなってるのに??


仕方なく適当なワインディング路を走って
仙台に帰還。


知っている道まで出たところで
自分のSV650と赤VC氏のRF900(国内仕様)とを乗り比べることに。

以前、京都で1度乗らせてもらいましたが
国内仕様ながら937ccは流石の鬼加速w
平然と加速していくのが4発の利点ですね^^

ハンドリングは頑として動かない重ステ(重ハン)ですが
逆ハン気味に切れば倒れてくれる特性は400も900も同じ。

その点、400の兄貴分としての900の位置付けは
ブレがない、良い設計ですねw

腰も非常に落としやすく、どっしりした安定感からか不安感がかなり少ない。

ポジションもSVに比べれば楽すぎるw
ロングツーリングには持ってこいで体に風が当たらない風防性も抜群!

ホント良いバイクです^^
・・・・もう一度RF所有したくなったなぁ(ボソっ


その後、家に18時に到着。


PT360396.jpg
今回のツーリングの総走行距離1272km
トリップメーターが1000km以上表示してくれることが発覚しましたw


今回もうひとつ気付いたのが
泊り掛けのツーリングもいいものだなと^^

今年はあちこちツーリングに出かけようかなw

 | HOME |  »

2017-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

Your BEATs

↓誰でもコメント可能↓

BEATing others

現在の閲覧者数:

プロフィール

松本夏彦

Author:松本夏彦
2stの鼓動を感じる・・・

kawasaki KSR-Ⅱ
MX080B B6
乾燥重量77kg

TOYOTA LEVIN
AE111 BZ-R
乾燥重量1080kg

無所属 松本夏彦
乾燥重量 不明
所持免許:
  普通・大型二輪
  中型1種
  大型1種
  けん引1種
  フォークリフト
性格:内向感情型
趣味:玉撞き

<旧所有車>
SUZUKI SV650S
BY132 K6
乾燥重量172kg

SUZUKI RF400RV
GK78A RF400RVT
乾燥重量186kg

TOYOTA CELICA
ST202 SS-Ⅱ
乾燥重量1190kg

SUBARU VIVIO
EN07 ex
乾燥重量690kg


仙台で活動中!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。