上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-30 [ Tue ]
ワインディングに関しては・・・
てか『走り納め』とか言っても毎日乗る俺にとっては何の意味もないのだが^^;


で、蕎麦を食べにいつもの道の駅に行ったものの
年末年始ということで閉まってたorz
celica77.jpg
路肩には雪がたっぷりw

雪見はいいのだが路面が濡れてるから
前の車が巻き上げた凍結防止剤付きの雫でクルマがめちゃくちゃ汚くなる・・・

画像だと分からないがw
celica78.jpg
スポンサーサイト
2008-12-27 [ Sat ]
注:RF400RV

満タン法にて計測。

168km、レギュラー8.26L給油・・・20.33km/L
(内訳、街乗り:ワインディング=1:9)
コンデンサチューン(PPS)使用。

本日、2008年走り納め。
先日の雪で路肩にはところどころ雪の残骸。

・・・めちゃくちゃ寒く往復30kmくらいで帰宅^^;
RF19.jpg
あまり乗る機会が多くなかったが
今年も感動をありがとうw
2008-12-27 [ Sat ]
明日は走りに行けそうにないな・・・
002.jpg
注:いつも行く山の折り返し地点、深夜1時現在の画像
2008-12-23 [ Tue ]
『コーナリング時のわずかなアンダーステアを
左足ブレーキによる荷重の移動でコントロールすれば
アクセルをふみつけたままでラインの修正ができるためにタイムロスをしない』
(頭文字D 37巻より)

というわけでちょっと試してみた。

いきなりコーナリングしながらは危険なので
直線でアクセル踏みながら左足でブレーキを踏んでみる。


・・・・5速というのと速度が遅かったのもあるがものすごい減速したっ(爆
いや、減速したというよりフロントに一気に荷重が移った感じ?
マジビビった^^;;;

これは余程練習しないと使えないw
普段使わない左足だから余計にコントロールするのも難しいし・・・



で、今日はたまには違う山に行ってみるかと思い立ち
宇治川ライン~滋賀県甲賀まで走ってみた。

道としてはなかなかテクニカルで面白い。
クルマなら減速帯も気にならない。

だが・・・車幅が狭い。
ダンプも結構走る道だからあまり無茶なことは出来ない・・・

やはりいつもの山が一番だと再確認した。
2008-12-19 [ Fri ]
8万キロ突入。
さすが毎日往復40km通勤は距離がすぐ伸びる・・・
celica76.jpg
・・・しかしメーターのバックライト暗いな。
画像は補正をしてるからまだ見えるが実際はもっと暗い^^;
いづれはメーターライトをLED化だな。
2008-12-16 [ Tue ]
スズキWRC活動休止
http://www.suzuki.co.jp/release/d/2008/1215/index.html

ホンダのF1撤退に続きスズキまでも・・・
スバルもWRC活動休止を検討していると聞くし
スバルからWRCを取ったら何が残るんだと^^;;;

ま、趣味で活動出来るような金額でもないし
そうでなくても薄利多売、経営カツカツなスズキさんじゃ無理か・・・

・・・まさかバイクレースまで休止とか言わないよな。。。


最近画像少なめだから昔撮った画像をペタリ
RF18.jpg
4年前、購入2日目に撮ったもの。
まだブリジストンのタイヤだ^^
2008-12-13 [ Sat ]
※CELICA

満タン法にて計測。

478km、ハイオク49.30L給油・・・9.69km/L
(内訳、街乗り:ワインディング=4:6)
コンデンサチューン(エコポケット)使用。


昨日今日と珍しく連休だったので、連日セリカでワインディング。

金曜はもとより、今日も
あまりバイクが走っていない・・・
やはり冬は冬眠か・・・?
比較的気温としては高かった(10℃前後)と思うのだが。

・・・ま、そんな俺もバイクじゃなくクルマだが^^;


今日も追いかけっこは無理か・・・
と思っていると後ろからZRXがセリカを追い越して行った。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!?
ということで追いかける。


ここで誤解のないように弁解しておくがローリング族とかルーレット族ではない^^;
あくまでバイクの後ろをしっかり車間距離を開けて走っただけ。

そういえば首都高で暴走を繰り返していたバイクチームのリーダーが逮捕されたらしい。
36歳の会社員とか・・・
いい歳こいて何をしているんだと社会一般はいうのだが
この逮捕された奴の気持ちもわからないではない・・・

「Zoom Zoom」なのだ。
走る楽しさ。

ま、それで人に迷惑をかけるな、サーキット行けと言われればそれまでなんだが・・・
少なくとも走る人がすべきなのは法を遵守するということより
人のいるところでは無茶をしないこと、他のクルマ・バイクに危害を加えないことだな。


話が逸れたがZRX。
リーンウィズだが結構上手い。
めちゃくちゃ離されるということもないが徐々に離れていく・・・

フロントが滑らないように速く走るというのも難しいものだ。
ちょっとでもラフに操作すると滑り出す。
滑り出したとアクセル一気に戻したら
今度はグリップが急に回復してあらぬ方向に・・・

ま、そのあらぬ方向に向かう作用を使うのがタックインなのだろうが^^;
なかなか難しい。


で、道の駅でぜんざいを食べて折り返し。
ZRXが先に出たのは見たのだが・・・追いついてしまった^^;

そんなつもりはなかったのだが
なんか追い掛け回して嫌がらせしているみたいだ。。。

途中ZRXが別の道の駅に入ったのでこちらはそのままスルーすることに。
ガソリンも入れないといけなかったし。


今日は久々に有人GSで入れたのだが、どうもまごまごして駄目だ^^;
タンクのボディカバー開けるの忘れてて危うく赤っ恥をかくところだったし。
GSのお姉ちゃんも頑張って押したり引いたりしながら開けようとしてるしw

しかしガソリン安くなった。
ハイオクが峠価格で130円。
主要国道沿いじゃ120円前後。
一時期180円とか190円だったのに・・・

レギュラーなんて110円。
RF乗り始めた4年前より安いんじゃないのかと・・・


GSで給油後、燃料添加剤『KURE パワーブースター』を注入して再出発。

燃料添加剤については賛否両論で
俺個人としても効果あるのか体感的にも不明なのだが(ぇ
たまに入れてみている。
ハイオクに燃料添加剤入れるとスーパーハイオクになるのか・・・?
・・・ならないだろうなw


ま、それはさておきカーブのキツい峠道。
カーブミラーに赤色灯が映る。

POLICEかよ・・・
と思ったら軽自動車が側溝に脱輪して
リアが跳ね上がってえらい状態になってた^^;

別にカーブの途中でもない直線で脱輪してたから
もしかしたら後続車を先に行かせようと端に寄ったところ
側溝に落ちたのではないかと^^;;

ドライバーがどうなったかはわからんが
横目に通過してそのまま帰宅。

走行距離約140km
2008-12-09 [ Tue ]
RF以上に久々にセリカでいつもの山へ。

昼から雨の予報・・・
出発時点でもはや雨が降るのも時間の問題という状況。
ま、クルマなら雨でも問題なしw

というかクルマは快適すぎて運転中眠くなる^^;


雨・・・ということで走ってるバイクもほぼなく
ひたすらタックイン(モドキ)の練習・・・

カーブ手前だけ加速、曲がりたいポイントでアクセルを抜く。
するとくるっと向きが変わる。

タックインを素人分析をしてみると
FFの場合フロント駆動だから曲がる時にアクセルを開けたままだと
曲がる力が前に進もうとする力に負けてしまい
この状態で急カーブを曲がろうとするとアンダーが出るか
タイヤは曲がる方向に向いていてもスリップして真っ直ぐ進んでしまう。

基本的には(駆動方式のみで見れば)FRより直進安定性が強いのだが
それがあだとなって高速では曲がり難い・・・

そこでその安定性の良さを崩してやることで無理矢理曲げるというのがタックイン。

ま、本来タックインはギリギリのハイスピードで進入しないと発動しないという話だが^^;
一般道のスピードでも軽いタックインの感じは体感できる。


で、上り坂のヘアピン。
加速してカーブへ進入・・・が、車速が落ちたためコーナリング中にアクセル全開!
・・・見事に滑りますた^^;

ただでさえ滑りやすい濡れた路面でさらに上り坂で前輪加重が減ってる中のアクセル全開・・・
そりゃ滑りますなw

まあ、別に事故るとかそういうレベルでもないのだが・・・


しかし、今日は結構な雨が降っていたのだが
警察の方々はいつものポイントで健気にネズミ捕りに従事しておられたな^^;

行きでまだ雨が降ってないときにやってて
1時間後くらいに大降りの雨の中通ったらまだやってた。

ノルマがあるんかな?
2008-12-07 [ Sun ]
注:RF400RV

満タン法にて計測。

169km、レギュラー8.94L給油・・・18.90km/L
(内訳、街乗り:ワインディング=3:7)
コンデンサチューン(PPS)使用。

うちのRFにしては燃費悪し^^;
ま、燃料警告が出る前に給油したせいもあるが。


気温3℃
久々に山に行ったらもう走れる気温じゃなかったorz

例の良い道にたどり着く前にやる気喪失でUターン・・・
冬はやっぱクルマか。
加速感はバイクが最高なのだが・・・


そう!
今日川沿いを走っていたら前にRX-7(FD)が。
あのクルマの加速力は凄いっ!
RFでは相当回さないとついていけない^^;

あとエクステリアの造形美といったら萌え萌え(*´ω`*)
一度は乗ってみたいクルマだな・・・

・・・燃費極悪のようだが^^;
2008-12-05 [ Fri ]
※CELICA

満タン法にて計測。

778km、ハイオク87.55L給油・・・8.88km/L
(内訳、街乗り:ワインディング=10:0)
コンデンサチューン(エコポケット)使用。

燃費悪し・・・


最近セリカで妄想していること。
・インバーター導入
・ナビ(モバイルPC)導入
・エアロ装着


まずインバーター。
シガライターソケットから100V電源を取るアレ。

モバイルパソコンをクルマで使用するのにあったらいいかなと。
ただいつクルマでモバイルパソコンを使うのか?と^^;
基本的に通勤にしか使っていないセリカだしな。。。

あと用途としては最近ヘタリ気味な外装を塗装しなおすのに
コンプレッサーを使うときくらいか・・・


次、ナビ導入。
わざわざ専用ナビを買うのもあれだし
折角モバイルPC持ってるんだからこれを利用できないかと。

GPSレシーバを買えば現在地を表示する簡易版ナビの完成。
ただ音声案内機能の付いたものを買うと専用ナビと変わらないくらいの値段がする・・・

しかし、そもそもナビを使うことなどあるのか?という問題^^;
遠出なんて滅多にしないしな。。。


最後にエアロ装着。
あんまりイカツイのは趣味じゃないのだが
ハーフスポイラー程度ならアクセントがついてカコイイ。

ま、自己満の世界だが^^;
人にないものを求める俺としては自作もしくはワンオフ制作に惹かれるw

あとボンネットスポイラーとリアウインドスポイラーもいいなぁ・・・
2008-12-02 [ Tue ]
11/28(金)天候:曇り
RFの車検に行ってきた。


まずは車検の流れから。

1.車検整備を行なう。
2.車検の予約をする。
3.予約日に陸運局(車検場)に行く。
4.陸運局で申請書等の手続を行なう。
5.検査場で検査する。
6.窓口で新しい車検証と検査標章(シール)をもらう。


順番に軽く説明すると
1はまあ当たり前のことで^^;
車検を通すというだけなら基本的な動きのチェックだけでいける。
・エンジンが始動すること
・ブレーキが利くこと
・ライト類が点くこと
・メーター類が正確に動作すること
・ホーンがなること

2の予約だが、2年前のRFの車検の時は電話でしか予約できなかったものだが
今回はインターネットで予約できた。
自動車検査インターネット予約システム
予約は希望日の2週間前からO.K

4だが、これはやはりお役所仕事。
手続のために右往左往させられる^^;
SAVE0004.jpg

で、5。
検査といってもものすごく簡単な検査。

メーター検査:40kmなったら足元のスイッチから足を離す
前輪ブレーキ検査:ひたすらブレーキを握っておく
後輪ブレーキ検査:ひたすらブレーキを踏んでおく
光軸検査:ライトの光軸が規定範囲内かどうか機械でチェック
灯火類検査:ウィンカー、ブレーキランプ、ハイロー切替、ホーン
ネジの緩み検査:キャリパーのネジ、ホイール固定ナットを小さいハンマーで
           コツコツ叩かれる^^;
車台番号同一確認:フレームに刻印の番号と車検証の番号が合致しているか


・・・たったのこれだけで、簡単に車検完了!


なのだがそう順調にはいかなかったり^^;
ま、別に検査に落ちたわけでもないのだが・・・

とりあえず陸運局へ。
14:15~受付だったがちょっと早めに着く様にした。
書類を書くというのもあるし、どこいけばいいのかわからなくて迷う可能性もあったから。

で、着いたものの予想通りどこ行けばいいのかわからない^^;
適当な窓口でどこいけばいいか聞くとまず書類を買って来いと・・・
別の建物に書類を買いに行く。

『二輪の継続検査なんですけど・・・』
と言うと窓口のおばちゃんが書類一式を出しながら『¥6760出してね』

言われるがまま¥10000を出す。
おばちゃんが各用紙に収入印紙を貼っていく。

『自賠責も払いたいんですが?』
と言うと『それは後であっちの窓口で払ってね。』と後ろの窓口を指す。

で、おばちゃんから収入印紙が貼られた書類一式を渡され後ろの窓口へ。
『前の自賠責証書と車検証を出してください~』
言われるがまま渡す。

『変更等はないですね~¥13400お願いします』
え?安っ!?・・・と思いながら¥14000渡す。
1~2分後、新しい自賠責証書を渡される。


最初の建物にもどり、書類に必要事項を書き込む。
書類は3種類。
検査申請書・自動車検査票・重量税納付書
書き込む内容は前の車検証を見ればわかる。

ただひとつあらかじめ見ておかないといけないのが走行距離。
走行距離を書く欄があるから先に見ておかないと見に行かないといけなくなる。

書類を書き終わったら受付窓口で書類のチェックを受ける。
書類がそろってるか、必要事項は書き込まれているか?

その際に定期点検整備簿があるかもチェックされるのだが
なくても問題はない。
『整備中です。』これでO.K

今回は持って行ったが、前回の車検の時は出さなかった。
数ヵ月後、陸運局から定期点検の催促ハガキが来た^^;
ま、してないからといって罰則があるわけでもないので心配は無用。


書類のチェックが終わり、遂にバイクの検査へ。
検査レーンに並ぶ・・・先客は2人。

実際に検査を受ける前に前の人の検査の様子をしっかり見ておく方がいい。
あたふたするとカッコ悪いしw


で、俺の出番。
電光表示板に「ゆっくりすすむ」と表示される。
レーンに真っ直ぐ進入。

前のローラーに前輪を乗せる。
電光表示板「メーター検査  40km/hでスイッチをはなす」
       「スイッチをふむ」
言われるがままスイッチをふむと前輪のローラーが回り始める。

速度計の針が上がり始める。
35・・・36・・・37・・・38・・・39・・・今だっ!
スイッチをはなす。

電光表示板「メーター ○」
       「前輪ブレーキ検査」

・・・どうしたらいいの?とまごまごしていると
電光表示板「前輪ブレーキ ×」
       「もう一度」
       「前輪ブレーキ検査」

検査官が横に来て「はい!ブレーキ握って!」

言われるがままブレーキを握る。
電光表示板「前輪ブレーキ ○」
どうも検査って出た時点でタイヤが回り始めているらしい^^;

電光表示板「ゆっくり前にすすむ」
後輪をローラーに乗せる。

電光表示板「後輪ブレーキ検査」
バランスが取れずまごまごしていると
電光表示板「後輪ブレーキ ×」
       「もう一度」


( ̄  ̄;)


またまた検査官が来て「はい!ブレーキ踏んで!」
なんとかバランスを取りブレーキを踏む。
電光表示板「後輪ブレーキ ○」
       「ラインまですすむ」

検査官が誘導「はい!停まって!」
電光表示板「光軸検査」

横から検査の機械が出てくる。
微妙な位置調整は検査官が手動で。
検査官「ハイビームにして!」
言われるがままハイビームに。

電光表示板「光軸 ○」
よく引っかかるという光軸検査だが前回に引き続き1発合格^^

次に灯火類の検査。
「ウィンカー出して・・・ハイロー切り替えて・・・ブレーキ握って・・・
  ブレーキ踏んで・・・ホーン鳴らして・・・O.K!じゃ前に進んで」

最後に検査官のチェック。
小さいハンマーでネジをこつこつ・・・
車検証・検査表と照らし合わせて車台番号・走行距離のチェック。

検査官「それじゃこれ持って受付行って」
書類一式を渡される。

どうやら何の問題もないらしい・・・
受付に戻る。

書類を渡すと約1分後、新しい車検証と検査標章をゲット!

張替えの儀式。
車検20
車検22

車検に要した時間約30分。
そして思う・・・こんな検査で意味あんのかいな?

ま、楽に越したことはないかw

ちなみに今回の車検の総額(法定費用)¥20160-
かなりお手ごろ価格だw

 | HOME | 

2008-12

Your BEATs

↓誰でもコメント可能↓

BEATing others

現在の閲覧者数:

プロフィール

松本夏彦

Author:松本夏彦
2stの鼓動を感じる・・・

kawasaki KSR-Ⅱ
MX080B B6
乾燥重量77kg

TOYOTA LEVIN
AE111 BZ-R
乾燥重量1080kg

無所属 松本夏彦
乾燥重量 不明
所持免許:
  普通・大型二輪
  中型1種
  大型1種
  けん引1種
  フォークリフト
性格:内向感情型
趣味:玉撞き

<旧所有車>
SUZUKI SV650S
BY132 K6
乾燥重量172kg

SUZUKI RF400RV
GK78A RF400RVT
乾燥重量186kg

TOYOTA CELICA
ST202 SS-Ⅱ
乾燥重量1190kg

SUBARU VIVIO
EN07 ex
乾燥重量690kg


仙台で活動中!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。