上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-30 [ Mon ]
夜な夜な編集をしてやっと公開ですw
http://beat0levin.web.fc2.com/RFtest.wmv


見てもらえると分かるのですが
やはり振動による映像のブレが問題。

カメラ自体に手ぶれ補正機能とかがないので仕方ないのかもしれませんが・・・
編集でブレを補正するしかないかな。。。

映像自体はやはりキレイですし、音声も前の携帯カメラよりは良いと思いますw


次はマイクにテープを張って試すのとバックカメラの製作をしたいと思いますw
スポンサーサイト
2009-11-30 [ Mon ]
注:RF400RV

満タン法にて計測。

238km、レギュラー10.10L給油・・・23.56km/L
(内訳、街乗り:ワインディング=2:8)
コンデンサチューン(PPS)使用
フロントスプロケ1丁落とし加速仕様


今回はちょっと給油量が少なかったように思えるが
それでも21km/Lくらいは最低でも走っているだろう・・・
2009-11-28 [ Sat ]
中型限定解除も無事終わったので本題の大型教習へ突入w
中型免許を持っていれば最短所内5時間、路上9時間で大型免許を取れる・・・

のだが、大型車に乗ってみて思った。
・・・これは最短では厳しいかも^^;

中型車(5.5t)とは全然違うな・・・
キャビンは中型より更に1段高いし、リアタイヤは片側前後・左右2個計4個も付いてるし
内輪差はめちゃくちゃデカイし。。。


で、教習内容だが
1日目は車体に慣れるのと路端停車、坂道発進、S字、隘路を練習した。

最初だけ教官が周回路を回って見せてくれたのだが
その後、路端停車とかS字とか隘路はいきなりやらさせられて
路端停車、坂道発進は問題なかったのだが
S字ではタイヤ1個脱輪するわ、
隘路ではあまりにも進入でハンドル切るの遅すぎて曲がりきれないわ^^;
散々だったorz

更にシフトアップ・ダウンでは全然上手くギアが入らずガリガリやること数回^^;;
教官から不満そうに怒られまくりだった。。。

エアブレーキは操作しやすかったから良かったのだが
この先不安な出足となってしまった。。。

あとたった3時間で路上に出るなんて無謀としか言い様がないな^^;;;
2009-11-28 [ Sat ]
満タン法にて計測。

371km、ハイオク40.00L給油・・・9.27km/L
(内訳、街乗り:ワインディング=9:1)
コンデンサチューン(プラズマチューニングR・エコポケット)使用


どうなつてるの、この島はドーナツ・・・

低燃費運転を心がけて2000rpmリミッターで走っていたのだが
逆に燃費が悪化したというorz

とっ、とりあえずオイル交換だ!?


しかし最近ブログネタが溜まりつつあって編集が追いついていない。。。

編集待ちのネタ
・XANTHUS君とのツーリングレポ・・・もうこれはいいか^^;
・大型教習1
・ビデオペン走行動画RF編
2009-11-24 [ Tue ]
走行動画撮影の新兵器!
pencamera.jpg
ビデオペン・・・上の黒い筒だけねw
下のスタンドは自作でつ^^;

ビデオペンというだけあってUSBコネクタの部分にペン先をつけて
ボールペンにカモフラージュできるというスパイアイテムw
てか盗撮アイテムですな^^;;;


大きさとしては下のUSBコネクタの大きさから分かる通りかなり小さい。
ま、普通のUSBメモリ並みの大きさだ。

そのコンパクトボディにピンホールレンズを搭載し
2Mピクセル、VGA(解像度640×480)、30fpsで動画が撮れるという優れもの!

前の携帯カメラがおそらく2Mピクセル、QVGA(320×240)、15fpsのはずだから
それよりはるかに鮮明でスムーズな映像が期待できるw


気になるお値段はヤフーショッピングで¥6,090-(送料込)と
かなりお手ごろ価格!

で、早速レビンにて撮影!
http://beat0levin.web.fc2.com/test.wmv

残念ながら動画編集ソフトがVGAに対応していなかったため
QVGA出力になってしまっているのだがそれでも前の動画に比べれば断然いい感じw

音質も最初のBGMはいつも通りカーオーディオ爆音なのだが
多少音が割れてはいるものの高音質!
その後ミュートして走ってる時もちゃんとエンジン音を鮮明に拾えている!
かなり高感度・高音質マイクが搭載されているようだw


・・・しかしちょっと残念なのが日付表示を消せない点。
今日撮った動画は日付設定を変えていなかったので2008年のままなのだが
一応日付変更は可能。
変更出来るなら消せるようにしておいてほしかった^^;


だがそれを差し引いてもこのカメラは買いの商品だ!
RFでのテストが楽しみだなw
2009-11-20 [ Fri ]
最終章、検定。

というわけで、無事合格ですw
受験人数3人でトップバッターでしたw
・・・他の2人は当然おっちゃんでしたねw

コースは
隘路→Sクラ→路端停車→方向変換→坂道通過
のルート。

で、試験監督は2人ww
聞いてないぞw

ま、それは気にせず走ろうと心がけたw

発進は順調。
一時停止して再発進の時に5点確認をし忘れてたので
アクセル緩めて忘れてないですよアピールw

第1課題、隘路。
ゆっくり進入することで1発O.K

第2課題、Sクラ。
何の問題もないw

第3課題、路端停車。
こちらも何の問題もないw
再発進で前みたく障害物に接触しないように・・・

おっとっと・・・当たりかけたぜwww
急ハンドルで回避成功w

第4課題、方向変換。
後ろのポールに当たらないように余裕を持って止めておいたw

で、方向変換まで成功して安心したのか
ルートを間違えかけて
『そっちじゃないよ!w』と試験監督に指摘されて
慌ててウィンカーを消して正規のルートへw

その後、坂道通過も無事終わり、発着点へ。
発着点への右折も何の問題もなく、
停車ポイントに30cm以内で幅寄せして試験終了。

試験監督『じゃ、トラック降りて助手席側に回って』

トラック降りるまでが試験ですw

試験監督『うん!合格!』


指摘された点としては
やはり安全確認は出来ているがいまいちラインに幅寄せ出来ていないこと・・・
大型教習に入って路上教習する時はちゃんと幅寄せしとかないと
バイクが割り込んでくるから気をつけてと。

ま、次から気をつけようw


これで俺も中型トラック野郎の仲間入りだ(ぇ
2009-11-19 [ Thu ]
3日目、みきわめ。

今日は検定前最後の教習。
というわけで早速検定コースで練習。

コースレイアウトは教官が教えてくれるので特に覚える必要はない・・・
が、覚えておいた方が余裕を持って走れるか。

Sクラ→路端停車→方向変換→坂道通過→隘路が1コース
隘路→Sクラ→路端停車→方向変換→坂道通過が2コース

今日の1番の失敗は方向変換でバックしすぎてちょっぴり後ろをポールに当ててしまったことorz
もう少しかな?とバックしたらコツっと当たってしまった。。。
後ろの感覚がまだ掴めていなかった・・・

あとはシフトチェンジが下手・・・
どうもクラッチを完全に踏み込めていないのかスコっと入らない。
あたふたしている間にクルマがスルスル動いて
焦ってブレーキングor急ハンドルというのが多い。。。


ま、みきわめとしては一応良好ということで金曜日に検定ということになったのだが
不安の残る最後の教習となったorz

教官から注意された点としては
・クラッチ踏んでる時間が多すぎ
・安全確認は十分に出来ているがそのせいかラインへの幅寄せが疎か
の2点。

エンブレがキツくてギクシャクするのが嫌で
ほとんどクラッチに足かけたままだったのは確か。。。
クラッチのオンオフで速度調節する方がエアブレーキより楽なんだもんw
ま、普段からの癖でもあるが・・・

ラインへの幅寄せは仰るとおり疎かだったな^^;
もう今日は運転するので必死だったorz


受かるかなぁ。。。
2009-11-17 [ Tue ]
久々にXANTHUS君と走ることになった秋晴れの日曜日。

早速バイクを交換して走ることにしたw
XANTHUS君運転RF先頭、夏彦運転XANTHUS後追いで出発。

最初はやはり慣れないから遅めのスピードで走っていたのだが
徐々に慣れてきてそれなりのスピードで走るRF・・・
対して俺は体に当たる風の強さ+風の冷たさでガクブルw

冬場はネイキッドは特に辛い^^;
体に当たった風が直でメットの口元から入ってくるし。。。


そんなことを尻目にRFはガンガン進んでいく。
XANTHUS君もRFのポテンシャルを確かめるように深くバンクし始めた。
途中2回くらい後ろから見てても分かるくらいズリッと滑ってるときもあった^^;
ま、フルバンクはしてなかったからタイヤの性能のせいかな?
それとも荷重をしっかり掛けきれていないせいか・・・


その後15~20分ノンストップで走行した後
休憩なしで自分のバイクに乗り換えることに。
今度は夏彦運転RF先頭、XANTHUS君運転XANTHUS後追い。

まず跨って思う・・・ライポジ全然違うな。
いつもは感じないのだがRFって結構前傾だw

そして走り出す。
あれ?RFの今の加速って意外とXANTHUSといい勝負?
低速トルクはスカスカだが伸びの良さは負けてはいない気がした。
回転の上がり方はRFの方が早いが^^;


そしてカーブへ・・・

え?
まっ、曲がれねぇ~!?


曲がらないというよりどうやってバンクさせればいいのかまったく分からないっ!?
硬直したまま必死でブレーキング!
スピードが落ちてなんとかハンドルで曲がる俺w

後ろをみるとXANTHUS君もなんかメチャ遅れてる。
ゆっくり走るって俺が走る前に言ったからゆっくり付いて来てるのか?

気を取り直して次のカーブ・・・

どうやって曲がるんだ、RFっ!?

全くまともに走れないw
XANTHUS君も全然付いて来ない・・・

自分のバイクなのにこれだけ走れないというのはなんたる屈辱w


とりあえずスピード遅めでバンクのさせ方を探ってみる。

RFは逆ハンで曲がったんだよなぁ・・・

逆ハンを切ってみる・・・
おっ!倒れる!


コーナリング中はアクセルオンでさらに倒しこめたよなぁ・・・

ブンブン
おっ!曲がれる!


コツを掴みだしたぞw
徐々にスピードアップして走る俺。

XANTHUS君は全然付いて来ない・・・あいつらしくないな^^;


で、いつものストッピングポイントで停まった。
その時にはいつの間にかXANTHUS君は後ろにいたw


XANTHUS君『あ~怖かった・・・すっげーふわふわしてた最初w』
夏彦『めっちゃ違和感あったなぁw』


その後のマクドでの検証の中で大爆笑しながら得た結論であるが
『RFは逆ハンで曲がるのに対しXANTHUSはニュートラルで曲がれるため
 お互いのバイクでスポーツランをした直後に乗り換えると
 そのライディングスタイルの違いから上手く乗れない』

つまり夏彦の場合XANTHUSのニュートラルステアに慣れてしまっていて
逆ハンを切ると言う観念を喪失していたため曲がれず
逆にXANTHUS君の場合RFの逆ハンの観念が植え付けられていたため
XANTHUSで逆ハンを切って当然リアが横に出るため滑って上手く走れなかったのだw

セパハンツアラーのRFとバーハンネイキッドのXANTHUSだからこそ起こりえた珍事だw
いきなり乗り換えるとその違いで頭がパニックになって
ホントまともに乗れないw

これはいい経験をしたw
他のバイクに乗ることで1回自分のライディングスタイルをリセット出来て
また新たに走り方を見出すことが出来るw

『FRと4WDを交互に乗り換えて走る藤原拓海はすごい』 by XANTHUS君


以上を参考に動画を御覧くださいw
http://beat0levin.web.fc2.com/RFmovie01.wmv
すぐに消されちゃう可能性があるのでお早めにw
2009-11-15 [ Sun ]
注:RF400RV

満タン法にて計測。

250km、レギュラー11.26L給油・・・22.20km/L
(内訳、街乗り:ワインディング=1:9)
コンデンサチューン(PPS)使用
フロントスプロケ1丁落とし加速仕様


金曜日、燃料センサーの交換のためにRFをバイク屋に預けていたのですが
今日朝一で引き取って早速XANTHUS君と走りに行ってきた。

まず今回は燃料センサーの修理について。

RFの持病?とも言うべきガソリン漏れですが
よくあるガソリン漏れ箇所としては
キャブへのゴムホース、キャブ本体、キャブからエンジンへの繋ぎ目
そして燃料センサー部が大半。

以前ガソリン漏れをしていた時はキャブから気化したガソリンが漏れて
強制的に濃い状態となったためエンジン回転がバタつく現象が起きた。

今回は燃料センサーからガソリンが駄々漏れ^^;
・・・駄々漏れというより染み出している程度だったけどw
なんかガソリン臭いなと思ったらすぐにチェックすべきですね^^;
ま、前々から気付いてはいましたが酷くなってきたのですぐに交換に行ってきた。

交換自体は別に難しくはないと思うのだが
ついでにキャブへのゴムホースも替えてもらおうと思ったので
今回はバイク屋に依頼することにした。


で、気になる金額ですが・・・
明細をもらうの忘れたため細かい金額は分かりませんが^^;
総額¥20,900-也

ゴムホースの交換の際にキャブの脱着が必要なため
おそらく工賃が高いものと思われる。
燃料センサーはともかくゴムホースなんて数百円くらいなものだろう・・・

燃料センサーの交換だけならもっと安いはず。


とりあえず今日はここまで!
次回はXANTHUS君とのツーリングの模様をお送りいたしますw

★次回のポイント★
・比較RF v.s XANTHUS 番外編
   「自分のバイクを上手く乗りこなせない二人w」
・伊賀上野城
・マークX・インプを追いかけろ!
・某スレで有名な走り屋の峠を走ってみた
2009-11-13 [ Fri ]
2日目。
今日は方向変換(転換)。
所謂車庫入れです。

例の如く教官が見本を見せてくれて俺の番。

方向変換は普通車と一緒でリアタイヤを内側の縁石に沿わせて曲がればいいだけ。
タイヤの位置さえちゃんと把握できていれば全く難しくはなく
しかもトラックの場合舵角が相当大きいから普通車よりも車庫入れは簡単。

この課題で問題になるものと言えば後ろの長さをしっかり把握して
きっちり後ろを詰められるかどうか。
検定では50cm以内までバックさせないといけない。

ま、荷台の端を気持ち当たるところまで詰めれば50cmなんて余裕なのだがw
今日の教習では平均25cmくらいまで詰められていたから問題なし。


その後、検定課題ではないが縦列駐車の体験教習。
こちらも荷台の長さとさらに後ろのオーバーハングをどれだけ把握してバックするかが重要。

縦列駐車は苦手だ・・・
たぶん街中だとオーバーハングが問題となりそう。
歩道とかだと端にガードレールがあったり電柱があるから
あまりバックで寄せすぎると当たるだろうし・・・

ま、検定課題じゃないから良しとしよう^^;
もしかしたら大型はあるのかな・・・?


中型の検定課題は前回と今回の分だけで
路端停車、Sクラ、隘路、方向変換の4つ。

坂道発進もないのですw
限定解除だからかな?


今日は方向変換をやった後はひたすら検定コースで練習。
言い訳じゃないが今日の教習車は乗りにくかった^^;
シフトは入りにくいし、クラッチもなんか微妙・・・
エンジンはかなりヤレている感じで振動が激しい・・・

ただブレーキは操作性が良かったなw
カックンブレーキになりにくく踏み始めから結構利いて比較的スムーズだった。


今日の教習での反省点といえば
路端停車で停車後、発進させて前の障害物を避ける時に
ミラーをポールに当ててしまったこと^^;

あ~当たるかな当たるかな?
とブレーキもかけずハンドルも切らずに突っ込んでいったら
ボコっ!と当ててしまったorz

集中力が切れてたな・・・
気をつけよう。。。


しかし今日の教習2時間目は校内教習車が3台くらいしかいなくて
めちゃくちゃ走りやすかったw
普段検定コースを2周くらいしか出来ないらしいのだが
3周も回れたしw
どうも他の教習車が全部2段階だったらしい^^


で、本日のおまけ教習。
『実践!隘路駐車!』

というわけで教習終了時に
教習車を別の教習車とポール(固定タイプ)で挟まれた駐車スペースへ戻すことに。

直進で入れるのではなく周回路から曲がって入れるわけですが
その駐車スペースは周回路より縁石一段分下がったところにあるため
入れる時にしっかり余裕を持って進入しないとポールにぶつかるのです^^;

で、進入したところ・・・
縁石でズリって落ちて危うくポールに接触しそうになりましたw
教官『超速でハンドル逆に切ってっ』
言われるまま逆にハンドルを切って進入することでミラー接触は回避w

その後なんとか駐車することに成功。
なかなかいい体験をしたw


次回が一応中型限定解除の最後の教習になる・・・はず。
中型限定解除ってたった5時間だけの教習で終わるw

・・・たった5時間で10マソは高いな^^;;;
2009-11-13 [ Fri ]
満タン法にて計測。

382km、ハイオク39.57L給油・・・9.65km/L
(内訳、街乗り:ワインディング=7:3)
コンデンサチューン(プラズマチューニングR・エコポケット)使用


レビン始まって以来の極悪燃費orz
セリカ並みにしか走ってないぞ・・・

XANTHUS君を送って帰った時の走り方がまずかったか?


しかし低燃費運転を心がけて2000rpmリミット走行をしてみようとしたのだが
2000rpmじゃ全く加速しない。。。
特に1・2速が厳しいんだよなぁ・・・もっと低速トルクがあればいいのだが^^;

とりあえず近々オイル交換予定。
ついでにモリブデンオイル添加剤も入れてもらおうw
それで多少スムーズさは変わるはず・・・
2009-11-11 [ Wed ]
もはやナビなんて一家に1台?な時代ですが
我がLEVINにも遂にナビを導入しました。

navi1.jpg
・・・モバイルGoogleマップ

そこは変わり者の俺ですから一筋縄でナビを導入したりしませんw
EMOBILEのスマートフォン:S22HTをナビ化しようという話です。
navi2.jpg

まずS22HTはGPSが搭載されていないので
GPSレシーバを探すところから始まりました・・・

色々なサイトを見ていると出てくる単語
『シリアルポートプロファイル(SPP)』

GPSレシーバを認識させるために必要なプロファイルだそうなんですが
S22HTはどうもそのプロファイルに対応していないとか・・・

なんとかならんのかい?とさらに他のサイトを見て回ると
プロファイルに対応はしてないのだが使えるGPSレシーバがあるらしい・・・

それがコレ↓
GPS.jpg
HOLUX m-241 ¥10000-
画像はデカそうに見えますが実際の大きさはカメラのフィルムくらいです。
ま、フィルムを模したデザインな訳ですがw

で、早速ネットでお取り寄せして試してみた結果、
プロファイルとしてはやはり認識されないようで『?』マークが付いたままなのだが
最初の画像のようにGPSとしては正常に使用できることが確認できた。

S22HTとm-241はBluetoothでワイヤレス接続だから
適当なところにm-241を置いておけばS22HTだけでナビを使用可能。

GPSの測位感度としては何の申し分もなく
またGPSの捕捉も結構早いためストレスなく使える。


・・・ただひとつ問題なのが地図ソフト。
モバイルGoogleマップはフリーソフトなのにこのクオリティでありがたいのだが
オンラインでしか使えないというのが弱点。
EMOBILEの通信可能エリアは都市圏だけだから山間部などに入ると
画面が更新できないorz
あらかじめ走行エリアを読み込みしておけば
一応はナビ可能だと思われるが
途中で拡大縮小などして位置を確認することは出来ない・・・

スーパーマップルのモバイル版:ポケットマップルは
windows mobile PROだけに対応しているみたいだし・・・
(S22HTはwindows mobile standard)

駄目元でポケットマップルを入れてみるか。。。
タッチパネル対応だからPROだけ対応としているだけなのかもしれんし・・・

この他の情報は色々なサイト見て回っても2chで聞いてみても全くヒットしないし・・・


これが上手く使えればバイクでナビというのも簡単に出来そうなのだが・・・

・・・・・ま、ナビが必要なところに走りに行くことなんてほとんどないのですが^^;
2009-11-10 [ Tue ]
遂に始まった大型免許取得への道!
今回は段階取得のため中型限定解除教習から。

まずは入所説明から。
中型・大型の場合、そもそもの入所者が少ないから説明”会”というのはなかった。
お姉さんがカウンターで個人レッスンをしてくれるw

今回教えてくれたのは正統派めがねっ子という感じのお姉さん?だったw
もしかしたら俺より若いのかもしれんが・・・
かわいかった~
・・・教習所のお姉さんて基本かわいいよな^^

最近は教習原簿の管理もハイテク?で
機械にカードを通すと原簿が出てくるようになっている。


10分ほど説明を受けたあと早速教習へ。
まず教官が見本運転をしてくれる。

で、乗り込んで思う。

デカっ!?

タイタンとは格が違うね(当然
乗り込む時もレビンの場合どちらかというと『潜り込む』なのだが
トラックは『登り上がる』感じだ。
乗る時は良いが下りる時が怖い・・・
ついトラックだということを忘れていつものように下りようとしてしまう^^;
1.8~2mくらい高さがあるから落ちたらめちゃ痛そうw


そして運転の基本からカーブの曲がり方、内輪差のことなどの説明を受けて
遂に自分が運転することに。

まずは出発前の儀式から。
2速に入れてサイドブレーキ解除、左後方からミラーを確認して右後方確認、
後ろからクルマが来てなければウィンカーを出して出発!

・・・上の違和感ある文章気付きました?
”2速に入れて”
トラックは基本2速発進なんですね。
余程の坂道でない限り2速発進。

ただまあ今回乗ったトラックは通常1速の位置に2速があるんで違和感ないですが。


で、発進。
いつもマニュアルだからクラッチ操作はお手の物。
エンストは1回もしなかったぜw
シフトアップも余裕。

コーナリングもミラーを見ながら曲がるから特に内輪差に苦労するということもなかったな。
ただハンドルがデカ過ぎて操舵に結構苦労するが。
さすがにワンハンドステアじゃ曲がれんw


そしてブレーキング。

しゅ~!!

滅茶苦茶つんのめったw
これが噂に聞くエアブレーキシステムw

これがまた踏む量の調節が難しい。
てかブレーキペダルが
踏んでるのか踏んでないのか分からない位ストローク量が少なくて
調節しようにも加減が全くワカランw

エンブレ~クラッチ踏んでブレーキ・・・あれれ?止まらんぞ!こうか!?
って感じで踏むと確実に超絶カックンブレーキになるw

そもそもエンブレが強烈だから
クラッチ踏んでエンブレが切れた瞬間の異常に進む感じがまた怖くて
一気に踏んでしまってカックンブレーキになるんだよな。。。

現状クラッチ踏まず自然エンストさせた方がスムーズに止まれるような状態だ(爆


その後、周回路を何週か回った後、路端停車。
これはポールがずらっと並んでいる路肩に寄せて
所定位置に30cm以内で止めるというもの。
ま、簡単に言うと停止位置に合わせて寄せて止める課題ですな。
これは簡単。

問題なのはそこから発進する時。
正面数メートル所に障害物としてポールが通せんぼしてるから
それに当たらないように避けて出ないといけない。
ただ出るだけなら難しくも何ともないのだが
闇雲にハンドルを切ると
今度は後ろのオーバーハングで路肩のポールをなぎ倒す結果となるのだ。
前をギリギリで通しつつ後ろも確認しないといけないから結構注意力がいる。

ま、普通にやってりゃ当たらないですけどねw


次にS字カーブ&クランク。
内輪差に対する感覚が試される課題。
どこら辺まで来たらハンドルを切れば良いかは最初に教えてくれるし
ミラーで後輪の状況は把握できるからある意味普通車よりやりやすいかもしれないw

今日は1度も脱輪することはなかった。


最後に隘路(あいろ)。
2本の側線の間に線を踏まない状態で真っ直ぐ停車させる課題。
これが結構難関w
別に1発で止める必要もないのだが切り返すにも制約があって
前に引かれた線(所定位置より2mくらい前に引かれている)を踏んだら失格。
バックしようにも後ろは周回路という状況の中切り返すのはなかなか厳しい。
出来れば1発で止められるように進入したい。

そのためにはクルマがどういう軌道で走るかを知っていないと出来ないわけで・・・
ま、意外にトラックって舵角が結構取れるからかなり小回りするんですけどねw

この課題は難関だけど出来なくはないかな?


今日はここまで。


トラックに乗った感想としては
『普通車とは違う楽しみがあるw』

人馬一体っていう楽しさじゃなくて
大きい車体を自分が思い描く軌道で走らせる楽しさかな?


で、レビンで教習所まで行ったので帰りはレビンで帰るわけだが・・・
ブレーキは意外と違和感なく乗れた・・・
が、シフトがショートストローク過ぎてシフトレバー折りそうになった(嘘w

そして、レビンの軽快さを再認識したなw
2009-11-07 [ Sat ]
もうだいぶ時間が経って忘れ始めているのですがorz
RFXANTHUS.jpg

○加速性
 それはもう官能の加速のXANTHUS
 4000rpmも回せば十分すぎる(RFで6~7000rpmくらいの加速)
 8000rpmまで回すと恐怖心さえ覚える(RFで10000rpmくらいの加速)
 しかしパワーバンドは9000rpmからという話で
 13~4000rpmまで伸びるとか^^;;;;
 確実に400クラスを超えた加速力と言える

 大雑把に表現すると
 RFはNAの加速そのまま(回転に応じて加速がリニアに伸びる)
 XANTHUSはターボのような感じ(回転に対する加速の伸びが急激)

 スプロケを変えたところで勝てないことに絶望^^;
 ま、スプロケ変えて意外に早いツアラーにはなったがw

○高速巡航性
 フルカウル乗りからすればネイキッドは恐怖感が大きいわけで・・・
 60km/hでRFで感じる80km/hくらいの感覚に陥る
 防風性は当然RFの勝ち

 ただ回転域の面で見るとXANTHUSはスピードを出してもあまり回転が高くならないため
 低燃費で走れる(本人によると25km/Lで走れることもあるとか)

 直進安定性はホイールベースの関係からRFの方がいい

○旋回性
 あまりバンクさせることは出来なかったが
 それでもそれなりのスピードで余裕で曲がっていくXANTHUS
 乗った後のあまりんぐを見て驚いたw 

 RFの場合結構倒さないと曲がらないのだが
 XANTHUSはハンドルの舵角で曲がる感じか

 今回は試さなかったのだが小回りは相当利くはずだから
 ヘアピンなどは特に有利なようだ(実際ヘアピンで置いていかれるorz)
 低速トルクもあるからフラついても立ち直しやすい
 RFは低速トルクなくて回転の上がりもいまいちスムーズじゃないから
 小回りでバンクさせると確実に立ちゴケコースだorz
 アクセルを一気に開ける度胸があれば出来るかもしれないが^^;

○減速性
 ブレーキは個体差があるとは思うけど
 このXANTHUSの利きはいまいち・・・
 RFに乗り換えて握りゴケしそうなくらいしっかりブレーキが利いたのには驚いたw
 RFのブレーキも弱い弱いと言われるけど
 結局それはメンテ次第なのかなと。
 しっかり握りこんで利かすのが良いか
 ちょっと握っただけで利くほうが良いかは人それぞれですけどねw

○ライポジ・乗りやすさ
 ライポジはRFの前傾からすれば相当立った印象を受ける。
 座っていますという感じ。ネイキッドなら普通のライディングスタイルなのかもしれない。
 シートはネイキッドにしては高めで重心も高い印象。
 そのおかげで倒しこみやすい。
 ステップはバンク角を稼ぐためかネイキッドにしては比較的高めだ。

 ハンドルは近いから無駄に力が入らず、
 ステアリングをニュートラルにしやすく、さらに低速では操舵しやすい。
 また位置が高いからか
 曲がっている時にハンドルがちゃんと切れているのが分かりやすい。

 乗りやすさとしては長時間乗っていても疲れにくいと思われる。
 ただし防風性を除いては・・・
 ZRXなどのハーフカウルをつければ多少は改善されるかもしれない。

○結論
 XANTHUSは400クラス最強
2009-11-06 [ Fri ]
注:RF400RV

満タン法にて計測。

188km、レギュラー8.87L給油・・・21.19km/L
(内訳、街乗り:ワインディング=1:9)
コンデンサチューン(PPS)使用
フロントスプロケ1丁落とし加速仕様


祝!40000km
40000km.jpg
ありきたりですが一応撮っときました^^;


今日は久々のいい天気&ぽかぽか陽気なので海まで走ってきた。
和田浜3
あ~テトラポッド登って~♪

和田浜2
和田浜5
(((( ;゜Д゜)))うみこわひ

和田浜4
所謂吊り橋効果?
・・・独りじゃ意味ねぇorz

和田浜1
浸食で出来た崖?

波の音って響き良いけど
近くで聞くと何か怖いんだよね。。。うみこわひ


和田浜6


で、宮殿で飯食って帰ってきますたw
シーサイド高浜2
シーサイド高浜1
走行距離218km


・・・しかしヘアピン苦手だ。
どうすりゃ安定して曲がれるのかワカラン。。。
2009-11-06 [ Fri ]
もはやいつ交換したかすら分からないRFのプラグを交換することに。

交換するプラグは当然NGKイリジウムプラグ。
DSC016552.jpg
CR8EIX 1本¥1428-

やはりノーマルプラグとイリジウムだとレスポンスが違う・・・気がする。
低速トルクも少し上がるからオススメ。

プラグ買いに南海行ったついでにジャケットも新調。
bx102.jpg
BRAVE X  BX-102W
旧商品のため半額処分¥10390-
バイク用品は高いね^^;


今回のプラグ交換のNEWアイテム↓
Tレンチ
クイックTレンチ 処分特価¥1500- 通常売価¥2980-
ハンドルを回すとラチェットが4倍速で回転するという面白商品。
http://item.rakuten.co.jp/seikatsuo-en/c/0000000181/
まあ使えなくはないというレベルw
狭い場所でハンドルを左右に振れない状況だと重宝する。


交換方法なんですが・・・今回も割愛^^;
大雑把に説明だけすると
リアカウル外して、タンク外して、プラグを交換するだけw
DSC018181a.jpg
またいずれHPを立ち上げた時にでもメンテ方法は書こうかと思いますが^^;
ちなみにこの画像も今日撮ったやつじゃない(爆


で、開けてびっくり玉手箱・・・
タンク外そうと思ったらガソリン駄々漏れorz

いや、燃料コック閉めるの忘れてたなんてボケじゃありません。
RFの持病である燃料センサーからのガソリン漏れです。

センサーのコードを外したら
コード皮膜を伝ってガソリンが垂れてくるではありませんかっ!?
その量たるや、地面に直径10cmくらいのシミが出来るほど。。。
最初コードが抜けてるのかと思った・・・

どうもジワジワ染み出て来たのが皮膜に溜まっていたらしいのですが
さすがにマズイ状況。。。
エンジンのヘッドカバーにもガソリンが大量に付着してるしorz

そりゃガソリン臭いはずだ(ぇ
乗るたびに気付いてはいたんですけど
あ~またセンサーから少し漏れてるんだな程度にしか考えてなかった^^;;


この状況のまま放置するのは危険なので
プラグをさっさと交換してバイク屋にセンサー交換を依頼しに行ってきました。
近々交換予定。


で、プラグ交換後のインプレなんですが・・・
全く何が変わったか分かりませんね(ぇ
もともとイリジウムだったし、そんなに変わる訳ないかw


もうまもなくうちのRFも40000km
RF32.jpg
2009-11-02 [ Mon ]
満タン法にて計測。

472km、ハイオク42L給油・・・11.23km/L
(内訳、街乗り:ワインディング=3:7)
コンデンサチューン(プラズマチューニングR・エコポケット)使用


・・・また走行動画のファイルがすべて消えてるorz
完全に目を付けられて削除されてるな。。。
レンタルサーバーでも借りるか・・・
FC2なら1ヶ月250円で5GBまで使えるらしいし。

折角XANTHUSくんを自宅まで送った帰りに動画を撮ったが今回はお預けだ・・・


とりあえず今編集待ちのネタ

○比較!RF v.s XANTHUS
○スマートフォンGPSナビ導入
○大型一種教習申し込み→まもなく教習開始
○走行動画再アップ

 | HOME | 

2009-11

Your BEATs

↓誰でもコメント可能↓

BEATing others

現在の閲覧者数:

プロフィール

松本夏彦

Author:松本夏彦
2stの鼓動を感じる・・・

kawasaki KSR-Ⅱ
MX080B B6
乾燥重量77kg

TOYOTA LEVIN
AE111 BZ-R
乾燥重量1080kg

無所属 松本夏彦
乾燥重量 不明
所持免許:
  普通・大型二輪
  中型1種
  大型1種
  けん引1種
  フォークリフト
性格:内向感情型
趣味:玉撞き

<旧所有車>
SUZUKI SV650S
BY132 K6
乾燥重量172kg

SUZUKI RF400RV
GK78A RF400RVT
乾燥重量186kg

TOYOTA CELICA
ST202 SS-Ⅱ
乾燥重量1190kg

SUBARU VIVIO
EN07 ex
乾燥重量690kg


仙台で活動中!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。