上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-30 [ Mon ]
満タン法にて計測。

465km、ハイオク39.12L給油・・・11.88km/L
(内訳、街乗り:ワインディング=10:0)
リビルトエンジン載せ換え済み
O2センサー交換済み
コンデンサチューン(プラズマチューニングR)使用
4スロ洗浄(99400km時)


昨日親父が久々に運転したから少し燃費が落ちたと思われる・・・
自分だけで運転してたとしたらおそらくリッター12kmはいけるペースだった気がする^^;


やはり4A-Gは低回転域の伸びがないから
慣れない人が乗るとどうしても回し気味になってしまうんですよね・・・

まあ慣れたからといって低回転が伸びるわけでもないですが^^;
ただ踏み込みたい衝動を抑えてじわじわ車速を乗せていくだけですなw


もう低燃費走行を始めて2ヶ月くらいになりますが
今ではそんな焦ってアクセル踏まなくても良いと思えるようになりましたしね~

前の車にはスタートダッシュで40~50m離される時もありますけど
次の信号待ちで大抵追いつきますし、急ぐ必要もないかなと^^


まあだからといって安全とは言いませんけどね(ぇ
スポンサーサイト
2011-05-27 [ Fri ]
先日の・・・といってももう1ヵ月半前ですが
事故の過失割合が発表となりました。

当方:相手=2:8

まあ妥当といえば妥当なのかもしれませんが
こっちの修理代は泣くから相手の修理代もチャラということで話が進んでいると思ってたら
今日電話がかかってきて2割負担ですと・・・

金額にして2マソちょっとらしいが・・・
話が違うじゃないですか?と^^;

保険を使ってうんぬんとさも当然のように話し始めたので
「そんな金額なら自腹で払います!」
と保険を使わないように止めさせました。

まあどっちが得かというのが微妙な金額ではありますが、
1年で2回も保険を使うのは気が引けるので^^;


しかし・・・
こんなことなら普通に修理に出した方が良かったんじゃないかとちょっと後悔。。。
面倒くさがらず見積もりだけでも上げておけばよかったなぁorz



ちなみに未だ検察屋さん・公安委員さんからお手紙は届いていないです。
どうなんでしょうかね・・・?
2011-05-26 [ Thu ]
注:RF400RV

満タン法にて計測。

188km、レギュラー8.54L給油・・・22.01km/L
(内訳、街乗り:ワインディング=0:10)
コンデンサチューン(PPS)使用
フロントスプロケ1丁落とし加速仕様


今日も不発・・・
またも倒しこみ方が分からなくなってきた^^;

前回のエキサイティング動画なんかはかなりアクセルワークの参考になるのだが
それと比較すると自分はアクセル開けてることが多すぎて
倒しこめていないのかとも思ったり・・・

結局バンクさせることに抵抗があるから
アクセルを開けて安定させようとしてしまうんですよね。。。


とりあえず走りこむしか・・・
と思ったらもう梅雨入りしそうな予感orz
2011-05-23 [ Mon ]
2011-05-20 [ Fri ]
注:RF400RV

満タン法にて計測。

137km、レギュラー6.39L給油・・・21.43km/L
(内訳、街乗り:ワインディング=0:10)
コンデンサチューン(PPS)使用
フロントスプロケ1丁落とし加速仕様


前回のRFの記事が4月13日・・・
記事がないということはおそらくその間RFには乗っていなかったということなので
1ヵ月以上ぶりにRFに乗りました^^;;
20110520RF1.jpg
放置バイクだな、これじゃorz


休みはあれど体力が持たない状況が続いていたので。。。
特にこれと言って仕事が多かったわけでもないのに最近はお疲れモードでorz


で、久々に乗ったのですが
やはり1ヶ月も乗っていないと乗り方が分かりませんw

膝擦りも今日は不発^^;


もっと練習せねば自由自在に膝擦りを繰り出すなんて不可能ですな。。。


てかもはや暑すぎw
革パンじゃ熱中症になっちゃうYO・・・
2011-05-18 [ Wed ]
満タン法にて計測。

491km、ハイオク41.10L給油・・・11.94km/L
(内訳、街乗り:ワインディング=8:2)
リビルトエンジン載せ換え済み
O2センサー交換済み
コンデンサチューン(プラズマチューニングR)使用
4スロ洗浄(99400km時)


もっと踏み込み量を減らさないと燃費は伸びないですな・・・
しかしこれ以上となると実用的ではないな^^;


そんな中、たまに踏み込んでみるとレビンの加速の鋭さに驚きますw
やっぱレビンは良い!


・・・てかRFにもう1ヵ月近く乗っていない気がするなorz
休みのたびに天候が崩れたり疲れてバタンキュ~だったり。。。

次の休みこそはRFに乗る!
2011-05-17 [ Tue ]
もう数日前の話ですが大雨の中いつもの山にレビンで走ってきました。

早速PROXES T1Rのインプレですが
さすが新品スポーツ系タイヤといった感じです。

ウェット路面のコーナリングでも全く滑っている感じがありません。

前のエコタイヤだとそれはもうズルズルで
コーナリング中にアクセルを踏もうものなら
アウト側にどんどんはらんでいったものですが
PROXES T1Rはイン側にグイグイ曲がっていきます。

加速に関してもグリップが良いせいか伸びが非常にスムーズです。


変わってドライ路面性能。

前のエコタイヤとの比較でいくと
まず舵の利きが大分変わりましたね。

切り始めからクイックに反応して
すっすっとフロントが旋回方向に向く印象があります。

アクセルオンでさらに安定して旋回加速が出来、
グリップ力のおかげかパワーアンダーも出にくいように思えます。
まあパワーアンダーが出るまでアクセルを踏み込んでいないせいもあるでしょうが^^;


サーキットランのように限界性能で走っていないので大したインプレは書けないですが
日常用途+ワインディングでのインプレとしてはそんな感じです。

クルマの場合、グリップ性能が走行性能の大部分を担っているので
良いタイヤを履いている方が断然有利なのは間違いないですな^^;
2011-05-08 [ Sun ]
満タン法にて計測。

444km、ハイオク39.05L給油・・・11.37km/L
(内訳、街乗り:ワインディング=10:0)
リビルトエンジン載せ換え済み
O2センサー交換済み
コンデンサチューン(プラズマチューニングR)使用
4スロ洗浄(99400km時)


街乗りだけだとやはり少し燃費は落ちるけど
それでもまあ合格の範囲内か・・・



で、フロントタイヤを変えました。
PROXES-T1R-1.jpg
TOYO PROXES T1R

なかなかの攻撃的なトレッドパターンw
1本¥15,000-

リアタイヤは相変わらずエコタイヤのままですが^^;

フィーリングは・・・
街乗りしかしていないので特に何も感じるところはありませんw

というかこのまま燃費チャレンジを続けるとなると
お山を攻めることもなくなりそうだ^^;

まあインプレはまた追々ということで。


ついでにエンジンオイルとクラッチフルードも交換してもらった。

そのおかげかクラッチを踏み込んだ時の反発力がしっかりした感がある・・・


交換は約5時間作業だったのだが
台車を貸してもらえた。
カリーナ
カリーナ 5A-FE 1500cc

乗ってみた感想としては
意外にスムーズに加速するなと。
低速のパワー感はレビンとは比べ物にならないくらい良い。
レビンはホント低速スカスカというか・・・全く加速しないしーー;
AT・MTの違いもあるんだろうが。

ただやはりATは乗せられてる感があって
自分の意図としない加速をしたりするから怖いね・・・


エンジンを見てみるとあまりのスカスカぶりに驚いたw
カリーナeg2
カリーナeg
これがシングルスロットルか・・・

まあ日常の足に使うには十分で楽すぎるくらい楽に乗れてしまうクルマですな。
2011-05-05 [ Thu ]
保険屋もケーサツもクルマをもう確認することもなさそうなので
補修することにしました。

まずは元の状態
20110411levin.jpg
20110411levin2.jpg


今回はお手軽補修メニューで
パテは使用せずスプレーするだけとしました。

では早速作業開始。

まずペーパー掛け。
400番くらいで傷がある程度なくなるくらいまで研磨。
CA370977.jpg
一部塗装下地の赤色が出ました。

続いてスプレー準備、マスキング作業。
CA370783.jpg
ボディに直接布マスカーを貼り付けると剥がす時が怖いので
マスキングテープを端に貼ってその上に布マスカーを貼ります。

ヘッドライト、フォグもしっかりマスキング。
下の画像はもうすでに吹き始めていますが^^;
CA370980.jpg
CA370979.jpg


マスキングが完了したらスプレー作業。
今回使用したスプレーはソフト99のボデーペン・・・ボデーペンてw

ソリッドカラーなら一般用スプレーで別に良いんですけど
うちのレビンはメタリック系の黒なので不可・・・

ちょっと高いですが車種別スプレーを使用しました。


スプレー作業は風のない日にやりましょう。
自分は川沿いで風がびゅ~びゅ~吹く中作業したので
大分塗料が無駄に飛んでいきました^^;

無駄というだけじゃなく均一にも吹けないですしね・・・


吹き方は15cmほど離してとにかく垂れないように薄塗り。
垂れたらまたペーパー掛けからやり直しなので特に注意!

ホントにこんな薄くていいのっていうくらい薄く何度も吹き付けると
失敗がなく塗膜を厚く出来ます。


カラーを吹き終わったら
上塗りとしてクリアを吹きます。
吹き方はカラースプレーの時と同じ。

クリアを吹くことで深みのある艶が出せます。



・・・で、吹けました。
CA370982.jpg
CA370983.jpg
表面はざらざらでつや消し状態です。


ここからが正念場。
コンパウンド掛けです。

スプレー作業後最低1日くらい乾燥させてから
ひたすら磨いて磨いて艶を出していきます。
自分は2時間以上磨いていました^^;

ただしコンパウンドは研磨剤なのでやりすぎは禁物。
下手すると折角吹いた塗膜が全部剥がれてしまいます・・・

コンパウンド作業のことも考えて
スプレーを吹く時に特に塗膜を厚く重ね塗りしておいた方が
最後に泣く事がすくなくなります。


そして完成。
CA370984.jpg
CA370985.jpg
クリア層が薄かったのでボケ気味ですが
まあちゃんと反射しているので良しとしましょうw

ウィンカーがズレているのは仕方ないですな・・・
よくよく見てみるとやはりフェンダーが凹んで割れていたので
その歪みでちゃんとはまらないようです。。。


まあ余程じっくり見ないと気付かない程度には仕上がったので
多少のことは気にしないw
2011-05-03 [ Tue ]
先日の事故が人身事故となり改めて現場検証・事情聴取となったので
ケーサツに行ってきました。

国家の犬の巣窟(失礼)に行くというと
逮捕されるわけでもないのに緊張します^^;


ケーサツ所に入るとうようよケーサツ官が・・・
ケーサツにGWなんて関係ないですわな。
むしろ休みのほうが事件が多いか・・・

とりあえず受付で名前と電話してきたケーサツ官の名前を伝えると
6番部屋で言ってくれとのこと。

6番部屋に入ると
『あ~夏彦さん?』とレンジャー姿の人が対応。

ケーサツの中でも交通課の人は結構良い人が多い印象がある。

まず車検証・自賠責証書・免許証のコピーを取って
事故現場で現場検証。

ワゴンタイプのパトカーで連れて行ってもらった。
ハイエースですかね?
どっちにしてもちょっと恥ずかしい^^;

リアシートに座ってシートベルトをしようとしたら
シートベルトがない!
ただの長いすだ。。。

ケーサツの車にシートベルトがないのは如何なものか・・・
まあ実際あったのに気付かなかっただけかもしれないが。


現場に到着し、検証開始。

相手車にドライブレコーダーが搭載されていたので
ケーサツで検証した内容に間違いがないかという形で話は進められた。


状況は前回書いたとおり
http://beat0celica.blog36.fc2.com/blog-entry-440.html
対向直進車の死角でお互いが見えていなくて
衝突を避けるためこちらが右にハンドルを切ったものの接触した。

で、肝心の信号が変わったタイミングですが
ケーサツの検証では直進のレビンは停まれないだろうとの判断。
つまり直進優先だったという印象。

まあだからといってどっちが悪いというのはケーサツは言わないですけどね。

ケーサツがしてくれるのは状況の調査だけで
民事不介入の原則があるので。

それに交差点ではお互いに注意義務があるから
一方的にどちらが悪いというのも言えないですしね・・・


現場検証は10分ほどで終了。
その後ケーサツ所に戻り、ケーサツ官が調書を書く。

調書を書いている間は隣でここはこうだった?ああだった?と聞かれるので
ひたすら『そうですね』と^^;

まあ違うところは正直に言っておけば良いですが
あんまり頓珍漢なことを言って混乱させてもケーサツ官にとって面倒なので
基本はそのまま流しておけば良いかなと。

結局最終的には自分が注意不足でしたという締めくくりになりますしね^^;


今回は一応あまりこちらが不利にならないようには配慮してくれた感がありました^^
制限速度を守って交差点に進入した前提で話を進めてくれていましたし。


で、最後に間違いがないか確認してサインとはんこを押して事情聴取終了。

感じの良い対応をしてくれたケーサツ官にお礼を言って帰りました。


免許の違反点数に関してはケーサツでは分からないとのことですが
まあおそらく4~5点といったところかと・・・

診断書が全治2週間なので軽症事故として扱われるらしい。
首と腰が痛いという常套手d(ry
http://rules.rjq.jp/jinshin.html
専らの原因による事故なのかにもよりますが
安全運転義務違反2点+付加点数2~3点というところでしょう。

累積点数が1年以内にあればこれで免停ですが
なければ免停リーチに留まります。
6点以上で免停になるので。

自分の場合、前回の違反が2008年3月の追越禁止違反なので
なんとか免停リーチに留まる模様・・・

以上は行政処分。


これに加えて自動車運転過失致傷という刑事処分も科される場合があるという。
まあ今回はおそらく起訴猶予となるかと思われますが
起訴なら大体1ヵ月後くらいまでに呼び出しのはがきがくるらしいです。

しばらくは心休まらない日が続きますな・・・

 | HOME | 

2011-05

Your BEATs

↓誰でもコメント可能↓

BEATing others

現在の閲覧者数:

プロフィール

松本夏彦

Author:松本夏彦
2stの鼓動を感じる・・・

kawasaki KSR-Ⅱ
MX080B B6
乾燥重量77kg

TOYOTA LEVIN
AE111 BZ-R
乾燥重量1080kg

無所属 松本夏彦
乾燥重量 不明
所持免許:
  普通・大型二輪
  中型1種
  大型1種
  けん引1種
  フォークリフト
性格:内向感情型
趣味:玉撞き

<旧所有車>
SUZUKI SV650S
BY132 K6
乾燥重量172kg

SUZUKI RF400RV
GK78A RF400RVT
乾燥重量186kg

TOYOTA CELICA
ST202 SS-Ⅱ
乾燥重量1190kg

SUBARU VIVIO
EN07 ex
乾燥重量690kg


仙台で活動中!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。